『HTMLメールよりテキストメールのほうが受注率が1.89倍高い』って知ってました?

『クリック率だけでなく購入まで至ったかどうかの比較も気になる』
2017年5月10日に公開した『HTMLメールよりテキストメールのほうがクリック率が1.84倍高い』って知ってました?で、多くの方が気にされていた点です。

ベビー服EC『べびちゅ』のメルマガの評価指標はクリック率です。
『なぜクリック率を評価しているのか?』は次回以降にご説明したいと思います。
ですので、今回は『HTMLメールとテキストメールの受注率には差が出たのか?』について、ご説明します。

べびちゅでは、受注率に次の式を利用しています。
べびちゅへの流入後の受注率 = 受注数 / ECサイトへの流入数

しかし、今回はHTMLメールとテキストメールの比較をしたいので次の式を利用します。
配信人数に対する受注率 = 受注数 /  メルマガを配信した人数

それでは早速説明します。

HTMLメールよりテキストメールのほうが受注率が1.89倍高かった

『配信人数に対する受注率』は、テキストメールが0.127%、HTMLメールが0.067%となりました。
ですので、1.89倍の効果となりました。

『流入後の受注率』は、テキストメールが1.8%、HTMLメールが1.7%となりほとんど変わりませんでした。
これは、流入元がHTMLメールか、テキストメールかは、『流入後の受注率』にあまり影響を与えないということを意味します。
なので、HTMLメールとテキストメールの『配信人数に対する受注率』の差は、主にクリック率の差によるものであることが分かります。

この結果、どのECでも言えることですか?

今回の結果は、メルマガの役割を『ECサイトへの送客』とし改善を繰り返した結果だと思います。
ですので、メルマガの役割が違えば、当然違う結果になる可能性があります。

たとえば、メルマガに『読み物』としての役割を持たせたとします。
メルマガを最後まで読んでほしいので、出来るだけ途中でリンクなどを入れず、最後まで読んでもらうようにメルマガを作るハズです。
そうすると、クリック率は低い方がよいかもしれません。

また、べびちゅで扱っている商品がベビー服であることや主なお客様がママさんであることもべびちゅ特有なので、他のネットショップでは違う結果になる可能性もあります。

しかし、弊社がお伝えしたいことは、
『テキストメールであれば、どんな場合でもHTMLメールより効果が出ます』
『テキストメールのほうが効果が高いので、是非皆さんテキストメールを使いましょう!』
といったことではありません。

弊社もそうだったのですが、長い間、HTMLメールのほうがテキストメールより効果が高いと信じ込んでいました。
なので、HTMLメールをテキストメールに置き換えるなど考えも及びませんでした。

しかし、今回のような結果を受け、弊社ではテキストメールへの一本化を進めることに舵を切りました。

もし弊社の例が特殊な事例だったとしても、そんな事例があるということをECを運営する皆様が知ることは価値あることではないでしょうか?

この事例を頭に入れたうえで、自社で試したらどうなるのかについて、試せる環境があれば当然試してほしいです。
試してみて別の結果になったのであれば、是非結果についてご共有いただきたいです。

弊社は、ECを運営する皆様と一緒に成長していきたいという趣旨で情報やデータを開示しています。
弊社と同じように考え、情報を共有してもらえるECショップ様があれば、是非ご協力いただきたく、よろしくお願いします!

『まとめ』の後に、利用したデータや受注率の計算方法についてもご載せておきます。こちらも参考ください。

まとめ

  • テキストメールとHTMLメールの受注率を比較するとテキストメールのほうが1.89倍高いという結果が出た
  • ECサイトへの流入後の受注率はテキストメール、HTMLメールでそれぞれ、1.8%、1.7%となり、ほぼ等しかった
  • テキストメールとHTMLメールで大きな差が出た理由については、詳しく知りたい人は、前回の記事を参考にしてください

以上、貴社のネットショップ運営の参考にいただければ幸いです。

参考情報

計算に利用したデータについて

今回の計算に利用したデータは、『HTMLメールよりテキストメールのほうがクリック率が1.84倍高い』って知ってました?で利用した2017年12月前半の31回の配信データを利用しています。

配信先は、べびちゅ会員向けです。

また、キャリアメール(ドコモ、ソフトバンク、auなど)に関しては、HTMLメールが届かなかったり、うまく表示されないことがあります。 ですので、すべてテキストメールを送りしています。

計算の方法

受注率は、以下の計算方法によって、テキストメール、HTMLメールそれぞれを計算しています。
計算式
受注率 = 受注数 / メルマガを配信した人数

受注数 = 31回のメルマガで受注した件数の合計
メルマガを配信した人数 = 31回のメルマガの配信人数の合計

記事を書いた人

加藤

在庫削減と仕入れ最適化の講座を担当しています。このレクチャーを読んでいただいたECショップのみなさまの在庫がうまく削減され、仕入れが最適化されればという思いで、執筆しました。 ご質問などありましたら、問い合わせフォームからお送り下さい。順番に返信させて頂きます。