【保存版】Facebookいいね!の獲得予算『早見表』

『Facebook公式ページを作ったけど、いいね!が集まらない。。。』
『Facebook広告を使うといいね!が集まるらしいけど、どのくらい予算を使ったらいいか分からない。。』

そんな悩みをお持ちの方に向けて、この記事を書いています。

ベビー服EC『べびちゅ』では、2014年3~9月の間、Facebook公式ページのいいね!数を増やすことを目的にFacebook広告を打ちました。

広告費の投下により、いいね!数を大幅に伸ばすことが出来ました。
結果として、Facebook公式ページの早期立ち上げを実現し、現在も集客の柱となっています。

しかし、当時は、手探りで予算を決めていました。
なので、Facebookのいいね!数を増やそうとしたときに、
『どのくらい予算をかけたらいいかわからない』
となり、本当に困りました。

『同じようにお困りのECの運営者様がまだまだいらっしゃるのではないだろうか?』
そんな考えから、過去のFacebook広告の数値を洗い出し、何かしら法則がないかを調べてみました。

その結果、
『獲得いいね!数の累計』と『獲得にかかった広告費の累計』には、強い相関があることが分かりました!

エクセルで出した相関係数を出してみたところ、0.987
相関係数の最大値は1なので、かなり高い相関だということが分かっていただけると思います。
見つかった法則を使って、次の2つの広告予算早見表を作ってみました。

  • 『いいね!』を集めるのに、どのくらい広告費がかかるのか?
  • 決められた広告予算でどのくらい『いいね!』を集められるのか?

2つの早見表と使用上の注意点を説明しますので、使用上の注意点を守って、貴社のEC運営にご活用いただければ幸いです。

Facebook広告予算早見表

以下に2種類の早見表を載せました。

この早見表は、月次予算としても通年予算としてもご利用いただけます。
ですので、1ヶ月で10,000いいね!を集めたい場合は、1ヶ月で300,000円。
1年かけて10,000いいね!を集めたい場合は、年間の広告予算が300,000円ということになります。

※早見表の数値については、見やすいように四捨五入しています。

獲得したい『いいね!数』を集めるのに『必要な予算』の早見表

獲得したい『いいね!数』 必要な予算
 10,000いいね!  300,000円
 20,000いいね!  1,400,000円
 30,000いいね!  2,500,000円
 40,000いいね!  3,500,000円
 50,000いいね!  4,600,000円

『使える予算』で獲得できる『いいね!数』の早見表

使える予算 獲得できるいいね!数
100,000円  8,000いいね!
200,000円  9,000いいね!
300,000円  10,000いいね!
400,000円  11,000いいね!
500,000円  12,000いいね!
1,000,000円  16,000いいね!
1,200,000円  18,000いいね!
1,400,000円  20,000いいね!
 1,600,000円  22,000いいね!
 1,800,000円  24,000いいね!
 2,000,000円  26,000いいね!

使用上の注意点

データが少し古い

2014年のデータを利用しており、少し古いことが懸念点です。
2015~2016年に打ったFacebook広告と比べ、最近の広告の費用対効果が落ちている実感はありません。
しかし、Facebookの成熟とともに、若干は費用対効果が下がっている可能性があります。

なお、Facebookが成熟してきている状況については、『LINEはFacebookの20倍以上の集客力があるって知ってました?』で詳しく説明しています。
要約すると、次の3つとなります。

  • 長く(べびちゅの場合、3年以上)運用を続けていると、フォロワーの中の一定数は投稿に興味を示さなくなる
  • Facebookの仕様で、フォロワー数がいくら増えても投稿したコンテンツを全フォロワーに見て頂くことはできないようになっている
  • Facebook自体のSNSとしての人気が落ちてきてFacebookを使う人が減ってきている

べびちゅ特有の性質である可能性

べびちゅの主なユーザーは、0~3歳のお子様をもつママさんです。
属性が全く違うターゲットに広告を打った時、いいね!数が同じように増えない可能性があります

また、Facebook公式ページへの記事の投稿頻度もほぼ毎日更新していることもあり、他のECショップのFacebook公式ページよりもいいね!が付きやすい可能性があります。

再現性があるかどうか

1回きりの検証なので、同じように広告費を使ったとして、同じような結果になるかの確証はありません。

それでも早見表には価値がある

『Facebook広告をいくら使ったら、いいね!がどれだけ増えるのか?』という情報が少なすぎる・・・。
これが、2014年当時にべびちゅがFacebook広告を始めるにあたり、困ったことです。

というのも、
『Facebook広告でいいね!を獲得するのにどれぐらいの予算が必要なのか』という情報は、ほとんど公開されていないからです。
なので、当時、弊社がこの早見表を知っていたら、予算を決める目安として迷わず利用していたと思います。

確かに、早見表には前述の3つの注意点があります。
これでは、『自社では使えない』と感じた方も多かったのではないでしょうか?
しかし、これからFacebook集客を始めたいと思っている方にとって、十分に使える情報だと考えています。

なぜなら、早見表を使えば、『広告費をいくら使い、どのくらいいいね!を集める』という予算の目安を決めることができるからです。

予算の目安があれば、
『そんなにお金がかかるんなら割に合わない』という判断をすることも可能です。
また、広告するという判断をしたのであれば、『Facebook広告で成果を出すこと』に集中することができます。
つまり、早見表の価値は、情報の少ない中、予算の目安を決める助けになることなんです。

まとめ

  • 使用上の注意点からも分かるように、広告予算早見表は広告の成果を保証するわけではありません。
  • それでも、 Facebook広告を始めるかどうかの目安として使うことにより、次のことが可能になるという意味で、広告予算早見表は、価値があると考えています。
    • Facebook広告を実施するかどうかの判断材料になる
    • Facebook広告を実施すると決めた際、『Facebook広告で成果を出すこと』に集中することができる
  • 今後も色々テストしながら、どの程度の再現性があるかなどを試していきたいと思います。何か新しいことが分かりましたら、ご紹介していきます。

以上、貴社のEC経営の参考になれば幸いです。

記事を書いた人

加藤

在庫削減と仕入れ最適化の講座を担当しています。このレクチャーを読んでいただいたECショップのみなさまの在庫がうまく削減され、仕入れが最適化されればという思いで、執筆しました。 ご質問などありましたら、問い合わせフォームからお送り下さい。順番に返信させて頂きます。